発達障害の子は性犯罪の被害に遭いやすいから気をつけて!

発達障害の子は性被害に遭いやすい

本日は、この「発達障害のある子供と若者の間での性的暴行の被害者:外傷インフォームドケアでの対応。」という論文と、私が受けてきた性被害について、お話ししようと思います。

一般人に比べてどのくらい性被害にあいやすいのか?

成人の自閉症スペクトラム障害の男女は、健常者の女性や男性に比べて2〜3倍。
少なくとも1回以上の性暴力の被害にあったことのある割合は、自閉症スペクトラム障害の女性では78%、健常女性で47.4%で、ASDの女性の被害の多さが分かります。

(引用:発達障害者への性暴力に対する実態調査

なぜ、性被害にあいやすいのか?

この件を説明する時には、「男性とは」「女性とは」といったジェンダー理論も関わってきます。
なぜなら、日本はいまだに「男性は〜すべき」「女性が〜すべき」といった教育がまかり通っているからです。
その中で特に、下記にあげたことが性被害の温床を作っているのです。

 日本の教育スタイルにも問題 
  • 「女の子なんだから人には親切にしなさい」
  • 「ジェンダー規範(女の子であること)に従わなければならない」

また、一方で、自閉症スペクトラム障害の大人は、現在(2020.5)においては、幼少期に診断された群よりも大人になってから診断がついている群が多いです。
そのため、親の理解不足や虐待、学校でのいじめの被害にすでに遭っており、多くの外傷経験を体験する中から、

 思考回路にも問題 
  • 自分は何の価値もない人間なんだ
  • 嫌われないためには、嫌だと思っても我慢しなきゃいけない
  • 自分がダメな人間だから、ひどい扱いを受けても当然なんだ

といったネガティブ思考が身についており、そのために性被害に遭いそうな状況になっても、「我慢」してしまったり「されるがまま」になってしまったりします。
ひょっとすると

「身体を求められている時だけは存在価値が感じられる」

といった思考回路に陥っている子もいるかもしれません。
また、
「恐怖」から「行動がフリーズ」してしまい、「逃げなければ」と思っても体が動かない
ということもあるかもしれません。

筆者の受けてきた性被害

このブログでは筆者の体験も少し語っていますが、私がどんな性格かを知っている人はすくないかもしれません。
一言で言うと「負けず嫌い」「勝ち気」な性格です。
でもそんな筆者でも、いろいろなエピソードを語れる程度には性被害にあってきました。
今回は、それを参考までにお話ししたいと思います。

電車の中での痴漢

最初に痴漢にあったのは、小学校5年生の時。夏休みに塾に行く時でした。
胸かどこかを触られたのだと思うのですが、
「あ、これが痴漢なんだ・・・」と妙に納得して、身体が固まり、降りる駅までされるがままでした。
中学高校は混んでいる時間帯に電車に乗りませんでしたが、
予備校生の時は、
「車両を変えてまで私を追いかけてくる痴漢」や
「私が他の人に触られていると守ってくるけど自分も触ってくる」ような痴漢がいました。
うつがひどい時は、本当に「何もできずになすがまま」でした。
少しうつが良くなってから反撃を始め、
ジーンズのチャックを抑えておき、
それに手をかけた瞬間に相手のみぞおちにパンチを喰らわせてました。
警察沙汰は2回。一度示談金で30万円いただいたこともあります。
 
でもそれでも、警察には『あなたに隙があるから痴漢に遭うのだ』と説教されました。
今はこういう刑事さんが、減っているといいのですが。

街を歩いていて雑居ビルに連れ込まれかける

 中学2年生の時 

塾に通っていました。塾のビルは少し裏通りで、人気のない道でした。
知らない茶髪のお兄さんに声をかけられ「胸が大きいって言われない??」と腕をもたれ、
そのまま近くにある雑居ビルの外から見えないところまで引きずっていかれました。
この時は、完全にフリーズしており抵抗ができませんでした。
雑居ビルの壁に押しつけられた時に「殺される」と思い、相手を突き飛ばして逃げました。

痴漢の犯人に別の場所で遭遇、車に連れ込まれる

 予備校生の時 

電車の中で何度も痴漢してきた人だったので、顔は覚えていました。
近所の本屋の帰り、知らないパジェロが横に止まり、声をかけられました。
何度も痴漢してきた人でした。気付いたら車に乗せられてました。
夜、都立公園の付近に路上駐車して、これは届け出れば良かったという目に遭いました。

予備校講師を信用したらいきなりキスされる

予備校の講師って・・・
「わからないことがあったらいつでも電話してくれていいから」と電話番号をくれました。
私はてっきり、「ああ、全員にこういうサポートをする先生なんだ」と思いました。
しかし、そうではなく、「教えてあげるよ」と呼び出され、押し倒されました。
キスされるだけで逃げられたのは幸いでしたね。
(数年後、その講師は他にも余罪があったらしく週刊誌ですっぱ抜かれてましたね)

性被害から発達障害の子を守りたい

私は、世の中から性犯罪がなくなればいいのに、と切望しています。
でも、きっとそんな世の中などこないことも、どこかでわかっています。
でも、性犯罪・性被害から発達障害の子を守りたい。
そのための具体策を以下に書いていきたいと思います。

まずは自分でできることから

自分でできることも、いくつかあると思います。

 自分でできることの例 
  • 防犯ブザーを携帯する(音量が大きく、光って見える方がいいです)
  • 人気の少ないところを通る時は、知っている人と電話する
  • 最低限の護身術を学ぶ(カルチャーセンターで教えてくれたりします)
  • 本格的に空手・柔道・合気道のどれかを極める(興味があればいいかも)
  • 発達障害がいったいどうして「性被害」に遭いやすいのか、身近な人と自分ならどうかを相談しておく

正当防衛にも限界があります(汗

これはもはや閑話休題的なネタなのですが、「黒帯」になると、相手が武器を持っていなかった場合、正当防衛が通らないことがありますので、護身術が楽しくなって格闘技を極める際にはご注意ください(笑)

性被害にあったら、きちんと警察に相談しよう

あとは、やはり「性犯罪に遭ったら」「誰かに相談」して、「警察に届け」ましょう。
犯罪者がのさばってしまうのも、「どうせ警察に届けられることなんてない」とたかを括っている部分があるように思います。
そして、性犯罪の被害の傷はとても深いものなので、きちんとしたケアを受けてください。

誰が何と言おうと、「性犯罪で悪いのは加害者」です。あなたではありません。

左の本は支援者向け、右の本は当事者向けです。あなたの少しでも助けになれば。

まとめ

まとめ
  • 発達障害であることは男女関わらず性犯罪の被害に遭う確率を上げる
  • それは今までの人生経験だったり、「女性とは」といったジェンダー理論が関わっている可能性があります。
  • 嫌なことは、嫌だと言って構わないのです。
  • 自己防衛の方法を学ぶもよし、防犯ブザーを持ち歩くもよし、最低限の自衛はしましょう。
  • もし、あなたが性犯罪の被害に遭ってしまったら、絶対に「警察に届け」出て、しっかりと「正しくケア」を受けましょう

今日は以上になります。ひとりでも、犯罪の被害者にならないで済むように祈ります。

シェアしてくれるとうれしいです!