睡眠障害(不眠)にメラトニン製剤が発売!

睡眠にはメラトニンが効く?

     
     

メラトニンというのは、
睡眠と関連のある脳内ホルモンで、
メラトニンが増えることで人は眠くなります。

     
      
しかし、日本にはメラトニンに関わる薬は
      
     
ロゼレム
    
    
というメラトニンの受容体を刺激する薬のみで
メラトニン自体の薬はありませんでした
      
      

メラトニンサプリは認可外

     
     
海外では認可されているどころか、
サプリメントの扱いのメラトニン。
     
      

しかし日本では販売規制され、
メラトニンを手に入れようと思ったら、
個人輸入に頼るしかありませんでした

       
      
きちんとした睡眠が取りたいと思っても
メラトニンは買えなかったのですね
       
       

睡眠改善の代替品にはグリシンがおすすめ

      
      
日本で正式にサプリメントとして発売されている中で
自信を持ってお勧めできるのはグリシンです

     
     
アミノ酸の一種で、身体に害はありません
     
     

      
     
大容量がやすくておすすめです。
      
      

睡眠に問題のある人へ待望のメラトニン製剤が発売!

     
     

メラトベルという薬です。
(https://nobelpark.jp/script/druginfo/drgDtl.php?id=24)

     
     
ここで残念なお知らせが。
      
      
16歳未満にしか使えない薬なのです
      
       
しかも「発達障害の子供の睡眠障害の改善」が適応
      
      

これは何年かたっても「発達障害の人用」のままで
誰しもが手に入れられる、薬局に並ぶ、
そんな日はまだまだ遠そうです

      
     
           

まとめ

・日本ではメラトニン製剤はサプリも認可外
・今までは個人輸入に頼るしかない
・待望のメラトニン製剤が発売された
・16歳までの発達障害の睡眠障害にしか使えない
・まだまだ日本でメラトニンが普及する日は遠そうです
・それまではグリシンで我慢しましょう・

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

みずき@精神科医
みずき@精神科医
精神科の専門医。医学のツイートがメイン。(指定医・日本精神神経学会専門医&指導医)、自らもASD&ADHD&双極Ⅱ型。フルネーム:水城稜(みずき りょう) 注:医療相談には乗れません。