大麻ってそんなにいけないの!?大麻について勉強しよう!

俳優の伊勢谷友介さんが大麻所持で逮捕されました

      
      
伊勢谷友介さんといえば
東京芸術大学に現役合格して卒業した人で
母親違いの兄として山本寛斎さんがいるなど

芸術家の一家と言ってもいいかもしれません
      
      

過去には、以下の人たちも大麻で逮捕されています

    
    

  • 元KAT-TUNの田中聖さん
  • BIGBANGのT.O.Pさん
  • 高樹沙耶さん
  • 内田裕也さん
  • 長渕剛さん
  • 井上陽水さん

     
     

外国には医療用大麻があるっていうし
大麻が合法な国もあるし
そんなに大麻っていけないことなの??

     
      
そんなわけで、ここからは大麻について解説していきましょう
     
     
      

大麻と大麻による依存について

      
      
日本で禁止されているのには
それなりの理由があります
     
     
大麻だけではなく
大麻による依存についても見ていきましょう
      
      

大麻について(一般論)

       
      
大麻は世界中に広く野生で生えています
      
      
ではなぜ、規制されているのでしょう
        
       

雌花・葉・種子からの滲出液を乾燥させたものがマリファナ

      
      
いわゆる「大麻」で問題となって問われるのは
この「マリファナ」の所持や使用です

      
     
「マリファナ」ということば
聞いたことはありますでしょうか?
       
      

マリファナは古くから医薬品として
あるいは陶酔・酩酊状態を生じる物質として
使用されてきました。

      
      
マリファナの使用については
急性中毒症状と、慢性使用による症状があります

大麻(マリファナ)による急性中毒症状

     
     
マリファナを吸った直後の症状は
以下のようになります
      
      

  • 使用後1〜数時間続く
  • 精神症状は一過性の酩酊状態
  • 身体症状としては散瞳・眼瞼振戦・口渇・四肢振戦

      
      
かんたんにいうとこれだけなのですが
この「精神症状」を深掘りしてみましょう
      
      

 大麻の精神症状 
  • まずは知覚が鋭敏になります
    音が大きく聞こえ、色彩が鮮明に
  •       

  • 身体が浮き上がる感じがして
    性感亢進なども起こり、欲動がコントロール不能に
  •      

  • 気分が高揚して、超人になった気がします
  •       

  • 時間が長く体験され、遠近感が変化
    これは時空間体験異常といいます
  •        

  • 夢幻様状態になると幻覚や錯覚が多発
  •      

  • 最後は恍惚状態の中で眠りにつく

       
      
どうでしょうか。
これだけの物質が容認されて、いいと思いますか?
     
     
大麻を使用している人は
この精神症状を求めているのです

     
     

大麻の慢性使用での障害

      
      
大麻には、身体依存はありません。
やめても、体が震えたりすることはありません。
       
      
でもだからといって、やめられる人は多くないです
      
       
慢性的に使用した人は
       

  • 労働意欲低下
  • 社会能力低下

     
     
が起こることがあります。
      
       

大麻の容認論について

            
        
大麻は、一部ヨーロッパや
アメリカのいくつかの州などで合法です
       
      
また身体依存を生じないことから
アルコールと比較して論じられることも多いですが
身体的に永続的な障害を残さないという確認はありません
      
      

医療用大麻は必要なのか?

      
      
医療用大麻が存在するという話は
誰しも聞いたことはあるかと思いますが
     
     
この記事
    
    
によって、完全否定されています。
      
日本の緩和ケアは
大麻などに頼らなくても十分なほど
いい薬がいっぱいあります
        
      

まとめ

       
本日は、医療用大麻について
お話しさせていただきました
      
      

まとめ
  • 大麻は野生で生えているが麻薬となるのは乾燥させた一部
  • 急性中毒症状は精神症状と身体症状があるが
    主に精神症状を目的として使用されることが多い
  • 身体依存はないとされるが完全に安全である保証もない
  • 騒がれる医療用大麻についても
    そもそもそんなものはなく
    日本には大麻などに頼らなくてもいい薬剤はたくさんある

     
     
書籍としては、専門家用ですが
以下の本が役に立つと思います。
      
      

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA